ゲーム1ページ:相互リンクSEO-P-Link ver3.5|SEO JAPAN

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

ゲーム:サブページ

カテゴリー

ゲーム登録サイト一覧

 このページは、相互リンクSEO-P-Link ver3.5|SEO JAPANのゲームカテゴリ(1)ページです。ゲーム(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、相互リンクSEO-P-Link ver3.5|SEO JAPANは、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはゲーム:2ページで表示しています。
この続きはゲーム:2ページで表示しています。

 日本におけるコンピュータRPGは、詳細なストーリーを持たずゲーム内に隠されたヒントを自力で探し出すと言った作品が多かった(『ザ・ブラックオニキス』(1984年)など)。この「隠されたヒントを自力で探し出す」点がコンピュータRPGの面白さと認識され発達し、コンピュータRPGは難しいほど面白いゲームとされていた(『ザナドゥ』(1985年)など)一方で、限られたプレイヤーにしかクリアできない敷居の高いゲームであった。しかしこの評価は『イースI』(1987年)・『イースII』(1988年)の発売を機に一転し、90年代『ドラゴンクエストシリーズ』と『ファイナルファンタジーシリーズ』を筆頭とするRPGブームが訪れ、現在のストーリー重視の作品が確立された。「コンピュータRPG」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』 (最終更新 2012年12月26日 (水) 13:05 )

このページの先頭へ