ゲーム1ページ:相互リンクSEO-P-Link ver3.5|SEO JAPAN

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

ゲーム:サブページ

カテゴリー

ゲーム登録サイト一覧

 このページは、相互リンクSEO-P-Link ver3.5|SEO JAPANのゲームカテゴリ(1)ページです。ゲーム(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、相互リンクSEO-P-Link ver3.5|SEO JAPANは、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはゲーム:2ページで表示しています。
この続きはゲーム:2ページで表示しています。

 任天堂はファミコンディスクシステムのディスクをゲーム店にあるオンライン端末に入れることで全国のプレイヤー間のハイスコアランキングを行う『ディスクファクス』や、衛星放送の電波を通じてゲームを配信する『サテラビュー』、オンラインで旧ハードのゲームを販売する『ニンテンドウパワー』といった業務用のネットワークサービスの活用には積極的だったが、各家庭のゲーム機を使用したオンラインゲームには消極的な姿勢を見せていた。これは、「ゲームは子供のもの」という任天堂のゲームに対する方針から、プレイするのに専門的な知識が必要で、通信費・プレイ料金が高くついたり、クレジットカードが必要だったりするオンラインゲームは子供にとってはハードルが高すぎるという判断であった。[要出典]年を追うごとにNINTENDO64と64DDでインターネットに接続する『ランドネット』、ゲームボーイカラー・ゲームボーイアドバンスと携帯電話を繋いでデータ通信を行う『モバイルシステムGB』といったサービスを展開していったがいずれも商業的には成功せずNINTENDO64の後継機であるニンテンドーゲームキューブでは『ファンタシースターオンライン』など、一部のソフトでネットワークを使用するに留まった。「オンラインゲーム」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012年12月9日 (日) 23:40 )

このページの先頭へ